人間研究シンポジウム

通販の番組見てると発見が多くて面白いよね。

宅建を取得する神戸の大学生

 

 

前回デザインの勉強をすると誓いましたが来年宅建の資格も取得します。

 

取得理由は家業のために宅建の資格が必要だからです。

 

法学部ではなく芸術系の専攻をしています。2回生ちなみに。

 

 

 

今やってること

  • 民法に関する新書を読む

 

 

弁護士が教える分かりやすい「民法」の授業 (光文社新書)

弁護士が教える分かりやすい「民法」の授業 (光文社新書)

 

 

どんな本か

  • 抽象→具体の構成

抽象的な法を最初の章で紹介し、そのあとの章では実際ありそうな話になぞらえながら紹介されていった。

このおかげで実感の水準で理解できたと思う。

 

  • 導入としての軽い読み物

電子書籍で買って昼休み中には具体例のパートは読破できるほどサクサク読める。

これで民法の範囲が問題なくカバーできるという訳ではないだろうが全く知らないという状況は抜け出せた。

教本も読みやすくなった。

 

 

 

 

 

  • 教本が先か、一問一答が先か

 私は一問一答が先派です。

 

 

教本を読んでも、法に親しみがないからか実感の水準で頭に入れることができませんでした。

 なので一問一答で何が問われているかざっくり理解したあとで教本を読み進めるスタイルで勉強しています。

 

 

今はテスト期間でレポートに追われていて勉強が進めていませんがこんな感じです。

 

 

前回記事

 

 

unagiao.hatenablog.com

 


デザインを学習する神戸の大学生

今日からデザインの勉強を始めることになりました。

 

 

きっかけ

    雑誌を作りたいと思っている

自分で趣味の雑誌を作るために技術的な知識を習得するのがま目的です。

くだらないことについての愛、そのくだらないを一挙集結させた雑誌を作りたいです。

 

 

    フリーで働きたい 

    昔から自習室や図書館で勉強するのが苦手だったというところがありととます。自分の家なら空調も自由自在だし、お菓子も好きなタイミングで食べられるし水も無尽蔵に飲めるからいいですねー。これの延長で職業も自宅でしたいと思う。それだけではない。近頃私は教育系の会社の事務のアルバイトをしているんだけどそこの社員さんを見て体育会系だな、と感じている。そしてその空気感に迎合することは難しいのではとさえ思う。黙々と物を作るような仕事がしたいです。

 

 

今後やることを考える

  1. 雑誌のネタをあつめる
  2. サイトや雑誌のトレース
  3. ブログでHTMLやCSSをいじる

これを目標にして当面10月まで動く。2はちゃんとデザインの意味を考えながらやる。

 

デザイン系を目指す大学生は意識高い系の学生が多いように見える。そこらへんの方達は抽象的な目標にギラついたオーラを発しているため苦手。ギラつかず、マイルドに生活しています。

 

デザインについて知っていったら意識高い学生の根幹となるものがわかるようになるかもしれない。

 

 

 

アメニティについて語る記事

 

unagiao.hatenablog.com

 

大学受験の記事

 

unagiao.hatenablog.com